令和元年度第2回理事会(持ち回り)議事概要

1 日 時 令和元年7月11日(木)~7月18日(木)

2 出席者 鈴木道子会長、栁沢副会長、杉山副会長、鈴木厚人理事、村井理事、

野呂理事、坂元監事、中山監事

会長校嶋貫事務局長、永井相談役、塚越局長 

 

3 議 案 

<審議事項>

(1)公短協70周年記念事業等について(案)  

(2)令和2年度予算編成について(予算編成方針)(案)

(3) 令和2年度会費(概算額)(案)

(4) その他

4 手 順 

持ち回り理事会は、令和元年7月11日(木)付け公短大協第16号により、会長名において、開催通知を発出し、全構成員に審議方を依頼した(回報期限:7月18日(木)正午まで)。

5 議事概要

(1)公短協70周年記念事業について

先の春季通常総会において、本年度の秋季通常総会までに役員会において基本方針をまとめることとされていることから、これを受けて、正副会長会議での検討を経て第2回理事会において、「公短協70周年記念事業等について(案)」(資料1)のとおり取りまとめた。

取りまとめに当たっては、①秋季総会は1日で開催し、翌日に70周年記念事業を行う(70周年記念事業としては、記念式典、功労者表彰等を行い、その後祝賀会を実施する。)こと、②所要経費は、通常の会費とは別に追加徴収を行うこと、③祝賀会については、参加会員からの会費での運営を原則とすること、④記念誌の発行は令和3年度として、その仕様、負担金については令和2年度の春季総会までに決定すること、等を基本方針とした。

会員校におかれては、この公短協70周年記念事業の所要経費の分担金(資料1参照)を踏まえ、令和2年度予算編成に向けて、準備を進めていただきたいこと。 

(2) 令和2年度予算編成方針及び令和2年度会費見込額について

例年どおり、秋の通常総会において報告し、承認していただく運びとなるが、新たな事項もあることから、各会員校の概算要求手続き期限を考慮し、第2回理事会(持ち回り)のご審議を経て、例年よりも1月早い7月中に、「令和2年度予算編成について(予算編成方針)(案)」(資料2)及び「令和2年度会費(概算額)(案)」(資料3)を示すこととした。

なお、この「概算額」は、従来どおりの「予算編成方針」を基本に据えて、かつ、ルール化された算定方式である「学生数当り額」及び「均等額」により算出した。

会員校におかれては、この「概算額」(資料3参照)を踏まえ、令和2年度予算編成に向けて、準備を進めていただきたいこと。 

(3)その他

令和2年度春季通常総会については、オリンピック・パラリンピック開催年であることから、学校行事等を考慮し1日で実施(従来は2日間に渡り開催)することとした。

<配布資料>

審議事項資料

(1)公短協70周年記念事業等について(案)  ・・・・・・ 資料1

(2)令和2年度予算編成について(予算編成方針)(案)・・  資料2

(3) 令和2年度会費(概算額)(案)・・・・・・・・・・・  資料3 

 

<参考資料>

(1) 学生定員の推移と今後の動向(見込み)

(2)今後の日程について(案)

令和元年度第2回理事会が開催されました